づらい頭痛を治す方法を徹底的に探る!

頭痛解消対策

コーヒーで片頭痛を緩和する対処法

投稿日:2017年4月13日 更新日:

コーヒーで片頭痛対処法
片頭痛は、血管の急激な拡張によって周囲の神経が刺激され、炎症を起こすことによって引き起こされる頭痛です。
つまり、血管を収縮させることにすれば、偏頭痛を解消できるはず。その中の一つはコーヒーです。
コーヒーに含まれるカフェインは血管を収縮作用があり、偏頭痛を軽減することが期待できるのです。
(筆者も長年偏頭痛に襲われていて、コーヒーのおかげて頭痛から救われていました。)

コーヒーを飲むタイミングと量

片頭痛発作前の30分前後にコーヒーを飲んだら、効果が出やすい

片頭痛はいつから発作することは、どうやってわかるの?
長年偏頭痛を持っている方々には、片頭痛発作前「もう少しいで片頭痛がおきるかも」と自然に感じられると思います。
その時には、コーヒー1杯を飲んだら、偏頭痛出る前に血管収縮させて片頭痛症状でない効果があります。

どのぐらいの量のコーヒーを飲んだら、いいですか。

コーヒー一杯だけで十分だと思います。

一日何杯コーヒーを飲めばいいですか。

個人差がありますが、僕の場合、午前中10時頃にコーヒー1杯、午後2時頃に1杯の量で、1日2杯コーヒーを飲みます。

 

飲むタイミングが合わない、1杯を飲んだら、あまり効果が出ないから、2杯、3杯を大量に飲んだら、どうですか

大量飲まないほうがいいと思います。
この場合はカフェインの効果が少ないから、市販の鎮痛薬などの対処法をお考えましょう。
逆に、コーヒーを飲みすぎると、コーヒー中毒症状や片頭痛を悪化させるかもしれませんので、コーヒー大量飲むをやめましょう。

また、片頭痛を解消または緩和させる多々の対処法が別記事でも記載があるので、ぜひご閲覧ください。

-片頭痛
-, , , ,

Copyright© 頭痛解消対策 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.